光の種と闇の種

光と闇

 

数か月前に、訓練の会に参加した時の話です。

光の種と闇の種』について

色々と話していたのをぼんやりと覚えています。

 

どんな種かと言うと、私の知る範囲では

『光の種』は良いエネルギー。

多くの人をより幸せにしたいと思うエネルギー。

『闇の種』は悪いエネルギー。

自己中心的な願いのエネルギー。

という分類になっています。

 

その時に私が思ったのは

なぜ、光の種と闇の種を人間に入れたのか?

と言うこと。

そもそも入れなければ悪い事は起こらないはずです。

 

主催者さんは

その方が面白いからじゃないかな?

という意見でしたが

なんだか釈然としませんでした。

 

上に繋がって何度もその疑問を問いかけると

今日ふと見えたのは光の世界

そこは一面光なので、何にも見えません。

だって、光ですから。

そこに誰かが居ても、何かがあっても

全て光なので何も見えないのです。

 

輪郭が見える、そこにあるのが見えるというのは、影があるから。

”自分が自分でありたい”と願う心

人間が闇を必要とした理由なのかもしれません。

 

今回の話はひとつの可能性

また何か降りてきたら、書いて行きたいと思います。

 

-リーディング

© 2020 Spiritual Energy Site Nagi